新種メダカのことならメダカ販売店めだか本舗にお任せください。

- メダカ販売ページ TOP | 株式会社めだか本舗 HOME -


※お電話受付時間は10:00〜17:00です(月曜を除く)。
「FAX」の場合ご注文FAX用紙はこちらからダウンロードし、プリントアウトしてご記入後、FAX番号082-430-2445までお送り下さい。
当店は通販専門店です。店頭販売、店頭での商品お引き渡しにつきましては行なわせていただいておりません(養殖場の一般公開含む)。

<当店からのお願い>
 外見はどの地域の野生の黒メダカも違いがあまりわかりませんが、日本全国地域により遺伝子レベルの違いがあり
  放流等の行為は環境破壊の一因となる危険性がございます、当店のメダカ君たちを河川等に放流されませんようよろしくお願い申し上げます。

商品検索 商品番号: キーワード: 在庫のない商品を検索結果に

「商品の感想(レビュー)を書いて100ptゲットフェア」開催中です( ´ー`)
※飼育用品は適用外です。また過去に購入したことのある同一商品への書き込みは「上書き」となり再度レビューポイントはつきません。

※発送は商品代金合計3千円からとなります(2999円以下は発送できません)※送料無料は4千円〜。


株式会社めだか本舗 HOME

 改良メダカの通信販売 TOP

 続メダカ飼育〜メダカの飼い方色々〜

 365日更新メダカ飼育予報

 無料会員登録/無料メルマガ登録

 今月のメダカプレゼント

 めだか本舗管理人ブログ

 メダカの繁殖について

 メダカの越冬、冬越しについて

 めだか本舗公式Twitter

 めだか本舗公式Instagram

めだか本舗公式Facebook

めだか本舗公式Youtube

シークレットページについて

お問い合わせ(e-mail)

めだか本舗の経営理念

商品カテゴリ一覧 > 普通種メダカ > イエローメダカ > イエローメダカMサイズ5尾(+死着保証分3尾)

緋メダカ(イエロー)1
緋メダカ(イエロー)2
緋メダカ(イエロー)3

イエローメダカMサイズ5尾(+死着保証分3尾)

商品番号 gd13

春の売り出し価格750円(税込)

[8ポイント進呈 ]

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
購入商品の感想(レビュー)を書いて100ptをゲットする!!

この商品の平均評価:おすすめ度(5.0) 4.80

ねねさん(21件) 購入者

非公開 投稿日:2015年04月09日

おすすめ度 おすすめ度(4.0)

お手頃で沢山、とにかくお得過ぎます。嬉しいです。

Masaoさん(43件) 購入者

非公開 投稿日:2015年03月28日

おすすめ度 おすすめ度(4.0)

沢山のイエローメダカが届き約1ヶ月が過ぎ小さかったメダカも大きくなりました。半ダルマが多く入ってたので今年はダルマ狙いで繁殖を頑張ります

さーちゃんさん(1件) 購入者

広島県/40代/男性 投稿日:2015年02月22日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

黒い容器に入れるとすごく綺麗で気に入りました。色を揚げて繁殖していきたいと思います。ありがとうございました。

めだかマニアさん(1件) 購入者

富山県 投稿日:2015年02月19日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

小ぶりですけど、色がきれいでおまけも沢山!半ダルマのイエローもいてこれで半額とは。。。
かなりお得かと思います。

MOMOTAROさん(13件) 購入者

非公開 投稿日:2015年02月07日

おすすめ度 おすすめ度(4.0)

体色に濃い薄いがあり、薄い方がイエローって感じがします。
ダルマに近い半ダルマが多くいました。

※一度のお買い物においてお一人さま1セットまでとさせていただきます。
※加温飼育です(20℃〜30℃)。
※一度のお買い物においてお一人さま1セットまでとさせていただきます。
※半ダルマが入る可能性があります。

 ・日本に昔から住んである野生のメダカ(黒メダカ)の突然変異種です。
 ・鮮やかな黄色が見る人の気持ちを和ませてくれます(@^0^@)。
 ・体色には個体差(濃い薄い)があります。
 ・黒メダカとともに、飼育がすごく易しいので、メダカ飼育の勉強にもお勧めです。
 ・産卵条件さえ整えてあげればどんどん増えますーd(⌒o⌒)b

--------------------------------------------------------------------------------
 (追記/2010年01月28日)
 緋メダカはひとむかし前はかなり薄い色の黄色でした。
 良く言えば日本らしい、ズバリ言ってしまえば中間色というか、はっきりしないというか。
 それが改良の結果鮮やかさが増し、以前とは比べ物にならないほどの黄色になってきました。
 自然界ではおそらく一番最初に淘汰されてしまいそうなほどの色の鮮やかさですが、
 観賞するにあたっては人の心をくすぐってくれます。
 実は個人的には昔ながらの緋メダカが好きなのですが、
 引き合いは色のはっきりとした子の方が多いのは事実です。
 昔を知るものとしては少々さびしさも感じつつ、
 たまにそういった色合いの子も出ることがあるので、
 今はそれを楽しみとして見ている部分もあったりします。